gtag('config', 'AW-861191855'); 集客型ホームページは、売上リスクを低減する

集客型ホームページは、売上リスクを低減する

December 31, 2017

皆さまの会社のホームページでは、どのページからの流入が多いでしょうか?多くの方は、それは、トップページだと言われると思います。

 

確かに、会社名で検索すれば、貴社のトップページが表示されますよね。しかしながら、貴社の事を知っている方、名刺交換した方なら、貴社名で検索することもあるでしょうが、貴社の事を知らない人が、自分が調べたい事を検索エンジンで調べる場合は、どうでしょうか?

 

当然、会社名で無く、何か知りたい事、困り事などのキーワードで検索するはずです。

 

貴社のホームページの目的が、会社案内であるという事であれば、会社名で検索した場合に、検索エンジンの上位にトップページが表示されれば、それで良いという事になりますが、見込み客の集客となった場合は、

先述した通り、キーワードで、検索エンジンの上位に表示される必要があります

 

つまり、以下の通り、会社案内型と集客型では、ホームページの流入経路が異なるのです。

上図のように、下位のページ(図のオレンジの部分)で、見込み客の方に興味のあるキーワードで検索される様に構成されていれば、貴社のホームページは、流入経路が増えるとともに、新規のお客様を集客できるのです。

 

また、「集客型ホームページ」の良いところは、ご覧の通り、この下位ページ(図のオレンジの部分)は、いくらでも、増やすことができることです。

 

先日、ご紹介した、オークマ工塗の例(「凄いホームページのご紹介」参照ください)では、以下の5つのタイトルで、個別にページが作成されており、それぞれのページが、以下のキーワードで、検索エンジンの上位に表示されるようになっています。

 

           ページのタイトル                           検索キーワード        

 問題解決のご提案 ほこり・ごみ不良でお困りの方              問題解決 ほこり・ごみ

 問題解決のご提案 塗装で機能を追加したい方                 問題解決 塗装機能追加

 問題解決のご提案 焼付け塗装でお困りの方                 問題解決 焼付け塗装

 問題解決のご提案 小ロットでお困りの方                    問題解決 小ロット

 問題解決のご提案 デザイン塗装(色彩・質感)でお悩みの方        問題解決 デザイン塗装

 

つまり、例えば、ほこり・ごみで困っている人が、「問題解決 ほこり・ごみ」と検索エンジンで検索すれば、「問題解決のご提案 ほこり・ごみ不良でお困りの方」のページが上位表示され、見てもらえる可能性が高くなっています。

 

自社のホームページでも、この様に、「問題解決 ○○」、「解決策 ○○」、「お悩み解決 ○○」、「ソリューション ○○」などのキーワードで、上位表示されるようにすれば、自社の(新たな)シーズに対するニーズが、未だ自社の付き合いのない市場・顧客にあるのか仮説・検証できます(シーズとニーズのマッチング)

 

加えて、日本中、場合によっては世界中の人々を相手にできるため、それを必要とする少数の人を発掘することが出来ます。つまり、ニッチな市場を探ることに適しています。

 

これは、ホームページを自社で運営していれば、あまりお金の掛からない取り組みであるとともに、何よりも、中長期的には、貴社の売上・収益が、特定業界・顧客に依存しない安定したものになり、売上リスクを低減できます

 

なお、本内容については、より具体的にお話しする機会を設けました。詳しくは、以下セミナー案内をご覧下さい。

 

  セミナー名 : 『自社の価値発信による顧客獲得法』

  開催日時  :  2018年2月3日(土) 14:00 - 16:30

  会 場    : 東京都大田区南蒲田1丁目20-20 大田区産業プラザPiO

                                  ※ 京急蒲田駅 徒歩3分

   参加費    : 3,000円(税込)/1名

             ※ 本セミナーは、100% 返金保証!! 

                内容にご不満の場合、理由の如何にかかわらず、全額返金致します

  詳 細    : こちらのリンクをご覧下さい

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

 

 定期購読はこちら!

 

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

前回、ホームページ上で、貴社の価値を訴求する例を掲載させて頂きました。

この作業では、今までお話ししてきました通り、顧客 上流層(開発・設計部門)、顧客の顧客、エンドユーザーの不◯◯を探求し、自社が何を提供できるか顧客視点で考えることにより、貴社の価値を追求する方法をお話ししてきました。

そして、最終的...

貴社の価値を追求する(その5)

November 18, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ