gtag('config', 'AW-861191855'); ホームページの完成度を上げるには、自社内での仮説・検証が大事!

ホームページの完成度を上げるには、自社内での仮説・検証が大事!

December 25, 2017

前回、『凄いホームページのご紹介』にて、株式会社オークマ工塗様のお話しをさせて頂きました。

 

大熊社長が、”どうやったらお客さんが満足してくれるか。ただそれだけを考えた。 それが自分の知識になった。”と言っており、当初から、顧客の立場で、塗装での困り事、悩み事を考えていたことは前回記載しましたが、この会社のホームページは、一朝一夕に出来たものではございません。

 

最初から、”問題解決”を意識していた様ですが、この会社の事を取り上げている記事を調べてみると、最初の頃のホームページは、以下の10個の”問題解決のご提案”が、掲載されていた様ですが、現在は、半分の5個に絞られております(現在残っているものは、以下、青字で記載)。

 

  • 問題1 ほこり・ごみ不良でお困りの方

  • 問題2 塗装で機能を付加したい方

  • 問題3 塗装が初めてで塗装の提案が欲しい方

  • 問題4 焼き付け塗装でお困りの方

  • 問題5 小ロットでお困りの方

  • 問題6 一緒に表面処理開発をしていきたい方

  • 問題7 塗装のコストを適性にダウンしたい方

  • 問題8 とにかく急いで塗装をしたい方

  • 問題9 デザイン塗装(色彩・質感)でお悩みの方

  • 問題10 品質も含めた管理でお困りの方

 

つまり、この5個の問題は、長年の歳月を経て、仮説・検証された、株式会社オークマ工塗様の付加価値が活かせ、且つ、顧客ニーズを的確に捉えた問題の塊であると想定されます。

 

なお、ホームページ改修の経緯については、大熊社長のブログにも掲載されております。

 

 ホームページのリニューアルについて

 

 

この記事を見ると、

 ・ 10年以上の歳月を掛けて、3回の修正を行っていること

 ・ 現在も、お客様のことを考えて、より良いホームページへのリニューアルを考えていること

が記載されております。

 

この記事を読むと、株式会社オークマ工塗様では、中身は自社で考えて、制作そのものは、ホームページ制作会社に作成を依頼していると思われます。

 

株式会社オークマ工塗様では、10年以上の歳月を掛け、この様な素晴らしいホームページを制作して来た訳ですが、この様なホームページを短期間で作成・運営する方法があれば良いと思いませんか?

 

この実行のためには、いちいち、ホームページ制作会社に修正依頼を行っていたら、時間もお金も掛かるため、自社内にて仮説・検証を短期間で、繰り返す必要がございます。

 

しかしながら、『ご存知ですか?今、HPは誰でも簡単に作成できます!』で触れました様に、今、Wixなどのホームページ作成支援ツールを使えば、ホームページは簡単に作成・修正・運営ができます。

 

皆さまの会社でも、必ず、株式会社オークマ工塗様のようなホームページをお金を掛けずに作成できます。

 

なお、自社が、ホームページで、どの様なことを訴求すれば良いのか?、また、自社単独で本当にホームページが運営できるのか?について、もっと詳しくお知りになりたい方がいらっしゃいましたら、以下セミナーにて、詳細のご説明をさせて頂きます。

 

宜しくお願い致します。

 

  セミナー名 : 『自社の価値発信による顧客獲得法』

  開催日時  :  2018年2月3日(土) 14:00 - 16:30

  会 場    : 東京都大田区南蒲田1丁目20-20 大田区産業プラザPiO

                                  ※ 京急蒲田駅 徒歩3分

   参加費    : 3,000円(税込)/1名

             ※ 本セミナーは、100% 返金保証!! 

                内容にご不満の場合、理由の如何にかかわらず、全額返金致します

  詳 細    : こちらのリンクをご覧下さい

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

 

 定期購読はこちら!

 

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

前回、ホームページ上で、貴社の価値を訴求する例を掲載させて頂きました。

この作業では、今までお話ししてきました通り、顧客 上流層(開発・設計部門)、顧客の顧客、エンドユーザーの不◯◯を探求し、自社が何を提供できるか顧客視点で考えることにより、貴社の価値を追求する方法をお話ししてきました。

そして、最終的...

貴社の価値を追求する(その5)

November 18, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ