gtag('config', 'AW-861191855'); 人材不足、マーケティングの課題を解決する新たな方法

人材不足、マーケティングの課題を解決する新たな方法

November 26, 2017

2017年 中小企業白書によると、中小企業において、新市場開拓、新製品開発戦略がうまく行っていない理由に、人材不足に加え、「販路開拓が難しい」、「市場ニーズの把握が不十分である」、「自社の製品・サービスの情報発信が不十分である」、「自社の強みを活かせる事業の見極めが難しい」と言ったマーケティング要因が多く挙げられています。

これは、国内大手企業の下請け、孫請けで長い間、仕事を受注していた営業人材の少ない中小製造業様にとって、マーケティングの必要性は十分理解していながら、実際には余り取り組めていないというのが実情ではないでしょうか。

 

まず、人材不足の問題ですが、今年 5月には、来年の大卒の就職はほぼ100%内定が決まっていたそうです。名前の知られていない中小製造業様が、優秀な人材を確保することはますます困難になって来ています。

 

次に、マーケティングの課題ですが、これも、新たに営業人材が必要で、ただでさえ人材不足の中小製造業様にとっては、従来の人的マーケティングでは対応は難しいのではないでしょうか。

 

人材不足の中、何か効率的に上記の問題を解決する方法はないでしょうか?

どうやら、この問題を解決するには、何か別の発想、仕組みを考える必要がありそうです。

 

以前、このブログの中で、ホームページの作成ツールが進化し、専門家でなくとも、自社で簡単にホームページの作成・運営ができることを記載させていただきました(ブログ記事 「ご存知ですか?今、HPは誰でも簡単に作成できます!」をご参照下さい)。

 

この環境を、人材不足の中小製造業様の好機と捉え、うまく活用する事により、ブレークスルーするのは如何でしょうか?

これを実行するためには、ホームページの作成テクニックそのものよりも、何を訴求するのか、どうやって自社の強みを活かせる事業を見極めていくのか、ホームページへの記載内容そのものと、その進め方自体にノウハウが必要になります。

 

自社単独で今から取り組んで頂く方法もございますが、ホームページの掲載内容の仮説・検証を繰り返し、より効果の高い訴求ポイントを見出す作業には時間と労力が必要です。

 

そこで、弊社では、このホームページを活用した新市場開拓を1年間で貴社内に定着化する、「製造業価値発進プログラム」を、1年間アルバイトを雇うより安い費用で、ご提案致します。

 

ご興味のお有りの方は、弊社ホームページのこちらをご覧下さい。

 

また、求人に関してですが、皆さまが、逆に就活する立場だとしたら、まずは、候補の会社のホームページをチェックなさいませんか。そういう意味においても、ホームページが魅力的になっていれば、人材採用の効果も高められます(その他にも、求人に関するホームページ上の工夫はございますが、今回は省略させて頂きます)。

 

ご参考: 新事業展開の成功、不成功企業別に見た課題(2017年版 中小企業白書 概要より)

 

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

 

 定期購読はこちら!

 

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸 

中小企業診断士

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

前回、ホームページ上で、貴社の価値を訴求する例を掲載させて頂きました。

この作業では、今までお話ししてきました通り、顧客 上流層(開発・設計部門)、顧客の顧客、エンドユーザーの不◯◯を探求し、自社が何を提供できるか顧客視点で考えることにより、貴社の価値を追求する方法をお話ししてきました。

そして、最終的...

貴社の価値を追求する(その5)

November 18, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ