gtag('config', 'AW-861191855'); 孤独な経営者が、どうするべきか迷っている時に役立つ思考法の本のご紹介

孤独な経営者が、どうするべきか迷っている時に役立つ思考法の本のご紹介

November 1, 2017

今年の夏に、数百人規模の会社の事業戦略策定の支援を行いました。B to B主体の企業で、市場の伸びが期待できない中、マーケットリーダーがシェアを拡大し、売上が低迷しているため、どうすべきかとの相談でした。

 

その時に、クライアント様から、事業戦略策定にあたり、何か参考になる本はないかとの要望を受け、ご紹介したのが、以下の「インテグレーティブ・シンキング」です。

 

簡単に言うと、ロジカル・シンキングの様に、「参入か撤退か」と言った二者択一の選択をするのではなく、同時に両面から考え、いいとこ取りをしようと言う考え方です。

 

私も、サラリーマン時代にそうでしたが、特に多人数でディスカッションをする場合は、どうしても、A案か、もしくはB案かといった議論になることが多いのですが、この本の中では、同時に両面から考えることによって、偏った考えに陥らず、良い案が出てくるのではと言うことです。

 

これが簡単にできれば良いのですが、逆の立場で考える習慣が身につくと、人間関係にも役立ちますし、日常の考え方も広がります。

 

少し、古い本で、今は中古本しか流通していない様ですが、中小製造業 経営者の方は、一人で判断しなければならない機会が多いと思い、ご参考に取り上げました。

 

判断しなければならない状況の際には、きっと役に立つと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

 

 定期購読はこちら!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

前回、ホームページ上で、貴社の価値を訴求する例を掲載させて頂きました。

この作業では、今までお話ししてきました通り、顧客 上流層(開発・設計部門)、顧客の顧客、エンドユーザーの不◯◯を探求し、自社が何を提供できるか顧客視点で考えることにより、貴社の価値を追求する方法をお話ししてきました。

そして、最終的...

貴社の価値を追求する(その5)

November 18, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ