gtag('config', 'AW-861191855'); 儲かっていなければ値上げも有りかと

儲かっていなければ値上げも有りかと

November 18, 2017

1年ほど前に、ある製造業の社長様から、収益性が低くなってきているが、その改善策はないかとの相談を受けました。原因をお聞きしたところ、円安により材料費が上がってしまったが、価格に転嫁できないためとのことでした。

そこで、まずお願いしたのは、顧客別に利益率を集計することです。

 

結果は予想どおり、お客様によっては、変動費が売値を上回っておりました。つまりお客様にお金を付けて売っているということでした。

取引金額が大きいため、もし値上げの依頼をして、今後の取引がなくなったら困るとのことで、最初、社長は、値上げ交渉をすることを躊躇されておりましたが、自社努力のコスト改善も限界があり、最終的には

最近、やっと値上げを認めてもらいました。

 

どうして値上げ交渉がうまくいったかと言うと、他のお客様の収益率も全てデータがあり、そのお客様にだけ安く出していると言う裏付けがあること、自社でコスト削減の取り組みを既に行ったことにより、社長が自信を持って値上げ交渉に望めたためであると思います。

 

もし、そこまで努力したにもかかわらず、値上げ交渉に応じてくれないお客様がいたら、これ以上付き合うお客様ではないと私は思います。

 

皆様は、どう思われますか?

 

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

 

 定期購読はこちら!

 

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

前回、ホームページ上で、貴社の価値を訴求する例を掲載させて頂きました。

この作業では、今までお話ししてきました通り、顧客 上流層(開発・設計部門)、顧客の顧客、エンドユーザーの不◯◯を探求し、自社が何を提供できるか顧客視点で考えることにより、貴社の価値を追求する方法をお話ししてきました。

そして、最終的...

貴社の価値を追求する(その5)

November 18, 2017

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ