gtag('config', 'AW-861191855'); シーズを検証する(シーズとニーズのマッチング)
  • valuesearch

シーズを検証する(シーズとニーズのマッチング)


前回、自社のシーズを広げる観点として、1.新規用途を見つける 2.ソリューションを開発する ということを記載させて頂きました。

しかしこれは、あくまで自社の仮説であって、本当にマーケットに受け入れられるかどうかは、検証する必要がございます。

広めたシーズに対し、設備投資、開発などが少額で済む場合は、取り敢えず、やってみるという選択肢もありますが、多くの場合は、費用、労力を伴うので、シーズとニーズのマッチングを行い、新たなものが、本当に市場に受け入れられるか、なるべくお金を掛けないで精査する必要がございます。

シーズとニーズのマッチングの進め方には、以下の4つのステップがあります。

 Step1.ニーズの全体像を調査する

 Step2.インターネットなどで、できる限り詳細のニーズを調査する

 Step3.提案書を作成し、ターゲット顧客と直接会話し、提案内容をブラッシュアップする

 Step4.自社ホームページで提案内容を発信する

まず、Step1ですが、ターゲット業界の業界動向、ターゲット顧客の経営理念などを確認し、自社のシーズがターゲット業界、顧客が、まさに求めていることなのか、大きな視点で確認します。

例えば、自動販売機向けに省電力化の提案が出来そうだとした場合、自動販売機業界の動向をインターネットで調べれば、省力化が大きな課題であることが確認できます。

  ご参考 : 日本自動販売協会資料

次に、Step2として、以下の様な表を作成し、自社のシーズに対し、わかっているニーズ、わかっていないニーズを整理するとともに、シーズとニーズのGAPを整理します。

そして、シーズとニーズのマッチングの度合い、ターゲット業界、顧客とのアポイント獲得可否により、Step3を行うか、Step3を飛ばして、Step4で仮説・検証を行うのか判断します。

その際、Step3を踏めば、短時間で、シーズがあるのか仮説・検証を行うことが可能ですが、いきなりStep4を行なった場合は、手間は掛かりませんが、引き合い待ちになるため、仮説・検証に時間がかかる可能性があることにご留意頂きたいと思います。

なお、弊社では、「製造業価値発進プログラム」として、Step1、Step2の調査に加え、Step3、Step4を短期間で効率良く実施するご支援を行なっております。

詳しくお知りになりたい方は、「お問い合わせフォーム」もしくは、お電話にてお問い合わせ下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

定期購読はこちら!

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸

#シーズとニーズのマッチング

64回の閲覧

会社所在地

東京都大田区多摩川二丁目30-10-901

電話番号

電話番号

TEL: 080-1288-2725

お問い合わせ

お問い合わせ

info@valuesearch.biz