gtag('config', 'AW-861191855'); 自社の価値を毎日 10分考える(一人ブレストのススメ)
  • valuesearch

自社の価値を毎日 10分考える(一人ブレストのススメ)


以前、このブログの中で自社の価値を見つける方法を記載しました(貴社の価値を追求する(その1)〜(その5)をご参照ください)。

しかしながら、まとまった時間を取って、この作業をやろうとしても、まとまった時間が取れない、やり始めたけれど、中々、考えが浮かばないため諦めてしまったという方がいらっしゃるかも知れません。

そこで、今回は、自社の価値を簡単に捻出する方法をご紹介します。

それは、ズバリ、毎日 10分間、自社の価値を考え、思い付いたことをノートに書き出すことです。私は、良くこの一人ブレストを行いますが、私の経験からすると、2週間ほど続けていると、突然、お酒を飲んでいる時や寝ている時にアイディアが浮かぶなど、ひらめきを体験できます。

その際、重要なことは、紙切れなどにメモするのでは無く、新しくノートを買ってきて、1日毎に思い付いた事を書き出すことです。

なお、自社の価値を考える際には、以下の3つの視点から、楽観的に考えて下さい(こんな事できるわけないなどと否定的に考えないで下さい)。

 1.自社視点

   自社および自社の製品・技術は何が優れているか?

   自社の製品・技術を変化させて見たら、何か新しいことができないか?

                (例:精度を10倍に上げる、大きさを10倍にする など)

        具体例:ジャイアントポッキー  

個人消費向け → お土産、贈答用向けに展開

   自社の製品・技術に+αしたら何か付加価値を産まないか、便利にならないか

                (例:周辺部品を一体化する 表面処理まで自社で一貫生産する)

                      具体例:ホワイトボード一体型プロジェクター

                            利便性:毎回、プロジェクターの準備をする手間が省ける

                                  投影したものの上に、ホワイトボードで追記できる

 2.顧客視点

   顧客から評価されていることには何があるか?

   顧客が喜んでいたこと、感謝していたことはなかったか?

   顧客のニーズ、顧客の顧客のニーズ、エンドユーザーのニーズは何か?

      ※ 顧客の顧客のニーズについては、貴社の価値を追求する(その2)をご参照下さい

   顧客が不○○に思っていることはないか?

      ※ 顧客が不○○に思っている事については、貴社の価値を追求する(その3)をご参照下さい

   今まで引き合いがあったが、断わってしまった案件、用途はないか?

 3.競合他社視点

   競合他社のセールスポイントで自社が使えるもの、応用できるものはないか?

   競合他社の取引先の市場・用途で自社が参入できそうな分野はないか?

      ※ この機会に競合他社のホームページをじっくり見るのも良いきっかけになります

上記、3つの視点で思い付いたことをノートに書き出し、翌日は、前に書いたことを見直した上で、改めて10分考えるという作業を繰り返して下さい。

2週間で140分の作業時間ですが、1日 8時間考え続けるより効率的かつ多面的に物事を考えられると思います。

なお、作業にあたり、現実的に考えて無理なこと、非効率なことは、実際に行動に移す前に、却下すれば良いので、アイディア段階では、兎に角、楽観的に考えて下さい。

「何をバカなことを!」とは決して考えないで進めて下さい。

自分の頭を使う段階では、お金は掛かりません。是非、お試し下さい。

------------------------------------------------------------------------------------------

お願いがございます!

 皆さまのご購読が、励みになります。是非、弊社ブログのご購読をお願い致します。

定期購読はこちら!

株式会社バリューサーチ

代表取締役 今喜多 秀幸

中小企業診断士

#自社の価値 #一人ブレスト

6回の閲覧

会社所在地

東京都大田区多摩川二丁目30-10-901

電話番号

電話番号

TEL: 080-1288-2725

お問い合わせ

お問い合わせ

info@valuesearch.biz